うる藍バリアVSドライマウスによる口臭

うる藍バリアはドライマウスが原因で発生する口臭に対して効果的なんです。そのメカニズムについて解説します。
MENU

うる藍バリアでドライマウス口臭を!

うる藍バリア

 

ドライマウスは口臭を引き起こす代表的な原因です。

 

ドライマウスとはその名の通り、
口腔内が乾燥して、カピカピのネバネバ
になってしまう現象のことです。

 

特に目立って発生しやすいのが、
起床時等で、寝ている間は唾液の分泌が
減ってしまうのは生理的なところなので、
ほとんどの人がドライマウス気味にはなっているはずです。

 

また、極度に緊張するストレスのかかる
場面なんかでも、唾液の量が減ってしまい
ドライマウスとなりやすいです。

 

そして、唾液が十分に補充されていない
ドライマウス状態は口腔内細菌を
繁殖させやすく、その結果口臭がきつくなりやすいんです。

 

他にもクセとして口呼吸になっている
人は口が半開きになりドライマウスになりやすいです。

 

そして、こういったドライマウスが引き起こす
口臭に対してうる藍バリアは有効な対策となります。

 

それはうる藍バリアに含まれる
ポリグルタミン酸クエン酸のはたらきになります。

 

ポリグルタミン酸クエン酸には唾液の分泌を
促進するはたらき、さらに保湿性があり、
摂取することで、口腔内に潤いを与え、
ドライマウスを防ぐことが期待できます。

 

さらにうる藍バリアの味は甘酸っぱい柑橘系と
なっており、その味も唾液の分泌を促す
ことに貢献します。

 

以上のところからうる藍バリアは毎日
口にしていくことで、唾液の不足をサポートして
ドライマウスを防ぎ、口臭を抑えてくれるわけです。

 

>>>うる藍バリアの効果に関する体験レビューまとめ

 

このページの先頭へ